田んぼと生物のつながり

『田んぼと生物のつながり』

HAPPY SMILE ライスプロジェクト(絹川商事×北辰農産)に少しだけZOO TIMEも参加させていただきました。

子供たちが田植えから稲刈りまで行い、そのお米を食べるというとっても素敵なプロジェクトに感動しました。だって自分たちが毎日食べているお米、どうやってできるか知らないなんておかしいでしょ。

そこで、私ができることはもちろん生物のお話です。田んぼと生物のつながりについて少しだけお話させていただきました。
田んぼにはたくさんの生物が生息しています。水生昆虫から、その捕食者である爬虫類・両生類から鳥類まで、田んぼ独自の生態系があります。
みなさんは石川県に生息しているヘビのことを知っていますか?
また田んぼにいる白いサギは一般的にシラサギと呼ばれていますが、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アマサギなどを総称してシラサギと呼んでいるんですよ。野生のトキも田んぼがないと生きていけません。などなど。。。

何はともあれ、お米ができるのがとっても楽しみですね♬

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL