コーンスネークの孵化

みなさんこんにちは園長の藤井です。



さあ今回はなんとヘビ!へび!snake!のお話です。

しかも繁殖に成功しました(^-^)♬

さあ今回繁殖に成功したヘビは

コーンスネークElaphe guttata 、別名アカダイショウと言われている赤いヘビです。日本の野生でもアオダイショウというヘビがいますが、同じナミヘビ科の仲間です。生息地はアメリカ合衆国で最大でも180cmぐらいにしかならない小型から中型のヘビです。性格はとても温和で馴致するのも簡単です。フトアゴヒゲトカゲ、ヒョウモントカゲモドキに並び、爬虫類を飼育を始める方にの三大入門種の1つではないでしょうか。

コーンスネーク(アカダイショウ)

日本に生息するアオダイショウ

入門種とは言ってもヘビ、餌はマウスが必要になりますので、ネズミを冷凍庫に入れる覚悟がまず第一段階になります。いや待て、男性の方、特に既婚者の方は奥様の許可を得ることが一番の難関になるかもしれませんね。ヘビは大きくなれば給餌も1週間から2週間でよいので毎日のお世話が格段に楽なところも◎です。いろいろな壁を乗り越えられそうな方は是非とても飼育しやすいヘビなので挑戦してみてください。

この種のコーンスネークという種名、動物の種名は本当に単純で、見た目から名付けらる事もしばしばです。
ではコーンとは?もちろん”とうもろこし”ですよね。
ということは直訳すると コーンスネーク=とうもろこしへび です。実はお腹の模様にひみつがあります。では飼育中のコーンスネークのお腹を撮影したのでご覧くださいませ。
 
 
 
どうですがお腹にスイートコーンがびっしりとつまっていますね。また背中の鱗に比べると、お腹で地面を這ったり、木のぼりをするために鱗で引っかけながら登ったりするために、横広で大きな鱗になっていますね。種によって鱗の数もある程度決まっていますので、鱗の数を数えて比較するのも良い研究になりそうですね。
 
 
今回繁殖に成功したペア♂♀をご紹介しましょう。
 
赤色♂がいわゆるアメラニスティック(アルビノ)と言われるモルフ(品種)で、黄色♀がバター(アルビノ)と言われるモルフです。どちらも2歳になる個体です。
 
産卵した時の様子です。
 
こちらがコーンスネークの卵です。ヘビの卵は軟卵で柔らかい卵なんですよ。土中の水分を吸収しながら孵化まで成長していきます。孵化日数は約2カ月(60日から75日ぐらい)。6月に産卵したのでふ卵器に入れずにそのまま室温で孵化させました。
 
 
いよいよ孵化の瞬間です。
 
 
 
よーくみると卵から頭が出ているのがわかりますか?
この孵化の瞬間が飼育者としては一番の喜びでもあります。繁殖するということは生体にとっても状態や環境が良かったことを意味しますし、2カ月も待った待望の赤ちゃんですから喜びもひとしおです。
 
 
どど~ん、見事に可愛い赤ちゃんが孵化しました(*^_^*)♬
 
 
 
こちらはバターの赤ちゃん、アルビノなので目が赤いのが特徴です。孵化した直後の貴重な写真です。
 
※画像は当園オリジナルの画像です。無断でのコピーや転写はご遠慮ください。
 
 
 
今回は計13匹の繁殖に成功しました。

もちろんこの様子は動画でも記録しました。

興味ある方はご覧ください。ズータイムチャンネルのご登録もよろしくお願い致します。では今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう~☆

園長

☆孵化の様子
https://youtu.be/04NUUtSy6bk

☆孵化後のベビーたち
https://youtu.be/ROWMnUCo7ro

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL