猛禽類のトレーニングをする理由

猛禽類のトレーニングをする理由

みなさんこんにちは園長の藤井です。

大寒波です。大雪です。みなさん大丈夫ですか。

動物たちはみんな無事です。元気です。

数年ぶりの大寒波で石川県能美市も約70cmの積雪になりました。みなさん大丈夫でしたか。

こんなときでも猛禽類(タカとフクロウ)のトレーニングは行います。

私とハリスホーク幼鳥。積雪すごいでしょ。

フライトトレーニングを行う理由は2つかあります。

①筋力トレーニング

タカは狩りをする肉食の猛禽類、獲物を捕まえるために飛翔するための筋力が欠かせません。日々、飛翔していないとどんどん筋力が落ちてしまいます。一瞬のすばやい動きを出せるように筋力トレーニングの役割があります。

②動物福祉の観点から

もう1つはやっぱり鳥は飛ばないといけません。猛禽類は野生でも狩り場と寝る場所への移動と狩りをする時以外はあまり飛びませんが、できるだけ毎日狩りのトレーニングをしてあげることは、野生の行動に近づきタカにとってもストレス解消になり幸福ではないかと思っています。常に飛んでいる時ではないので、一日1回はフリーでフライトさせてあげると良いですね。

※元々私が猛禽類のトレーニングを行っている理由は、いしかわ動物園の職員時代に研究していたのが『鷹匠の技術を応用した野生復帰トレーニング』です。日本動物園水族館協会の学会でも発表させていただきました。野生で保護された猛禽類を野生に復帰させるためにこの鷹匠の技術を身に付けたことから始めました。現在も動物園と協力して野生復帰のお役に立てるように頑張っています。

ハリスホークの耐寒性

当園にいる種はある程度みな耐寒性のある種なので、外でのフライトを思う存分楽しんでいます。

ハリスホークというタカは、アメリカ大陸で暮らすタカですが、-5℃くらいまでは耐えられると聞いています。そこまで落とすのはリスクも高いので当園では鷹小屋内を弱い保温をして真冬でもマイナスにいかないように調整しています。あとは毎日体重測定を行い、健康チェックをしております。

体重は、現在トレーニングしているタカ♀で800g~830gの間でフライトしています。タカ1羽1羽によって、ベストな体重を肉つきをみながら判断していきます。また鳥類は恒温動物で体温を維持するためにエネルギーを使うので、気温が低い冬は代謝が上がります。よって餌料も毎日気温によってコントロールしなければいけないところは経験が必要になってきます。

冬季は園内の落葉樹を利用してのトレーニングがメインです。夏場に比べると落葉した分、見渡しがよくトレーニングはやりやすいです。

タカを屋外で飼育するための小屋

自作の木製のタカ小屋です。私は基本的に動物は屋外で飼育できるものは屋外をおすすめしています。特にタカは屋内で飼育するものではありません。鳥は風通しや紫外線を浴びることも大切です。小屋はタカが翼を広げても壁にすれないくらいの幅、直射日光が当たりすぎないような場所への設置も大切です。この小屋は壁に断熱材も取り付けています。特に寒さよりも夏場の気温上昇が一番気をつけなければいきません。扉はトリカルネットで通気口を設けました。夏は通気口を広げ、冬は閉じれるように工夫しています。また夜間外敵に侵入されないように床面を設置したり、基礎を作ってあげるもの安心です。また盗難防止のために南京錠で施錠してあります。

雪の中のトレーニング

移動型の動物園は、いつも違う場所に行くので、ヒトとタカとの信頼関係がなければ飛ばすことはできません。

雪の中でのトレーニングの様子は動画でご覧くださいませ。

ズータイムチャンネルのご登録ももしよろしければお願い致します。

そして当園の中で一番寒さに強いのが、アヒルです。

祖先はマガモですから、本来は日本へはシベリアから渡ってくる冬鳥です。

日本の冬なんてへっちゃらです。

アヒルの給餌の様子は動画でご覧ください(*^_^*)♬

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう~

園長

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL