【㉘野鳥観察】初夏に観察できる野鳥たちが多数登場!野鳥たちの命の営みを野鳥少年ハルと学ぶ旅

みなさんこんにちは、

ズータイム園長です。

今回は初夏に観察できた野鳥たちを一挙ご紹介しますね♪

コシアカツバメの巣を利用してスズメが繁殖しようとする事例を発見したり、

野鳥少年ハル(小学4年生バーダー)も自然から日々学び成長しるようです。

今回もたくさんの素敵な野鳥が登場します。

※応援していただける方はスーパーサンクスをお気持ちいただけたら幸いです。 全国へ探鳥の旅へ出かける活動資金にさせてください🚙

【野鳥少年ハルが撮影した野鳥たち】

※無断コピー、転写は禁止です!

ケリ

撮影中は子育て中だったので、とても警戒心の強い状態。

NikonP900(2000mm相当の望遠)で離れた車内から観察。

チュウシャクシギ

ケリのヒナ

親の近くで餌をついばんだり、田んぼの畝を上り下りしたり、一生懸命に生きる姿に感動しました。

遠くから撮影しているので、ボケボケの画質ですが動画でもご覧ください。

コアジサシ

近くの水田から小魚を捕獲して、オスがメスにプレゼンティングをしている行動を観察。

この日はまだ産卵前でペアリング中といった感じでした。

砂利の裸地は中々安定してありませんから、絶命が危惧されている種です。

工事前の一時的な空き地での繁殖になりますから、来年はこの場所があるとは限りません。

単純に木や草が生えて入れば良いというわけではないのでとても難しい問題です。

がんばれ!コアジサシ(^^)/

キビタキ♂の囀り

シジュウカラの親子

アオサギ

大きなコノシロを捕獲!丸呑み!

迫力ある捕食シーンを撮影できたのでご覧ください。

動画でも撮影できたので番組でご覧いただきたいです。

 

今回も自然とのつながりを感じられるとても良い探鳥旅でした。

引き続き野鳥少年ハルの応援をよろしくお願いいたします(^_-)-☆

撮影用機材📷

・NikonD500(デジタル一眼レフ)

・レンズ:SIGMA150-600mm F5-6.3 DG OS HSM| Contemporary

・SIGMA TELE CONVERTER TC-1401

・Nikon COOLPIX P900

ミラーレスに移行する方も多いですが、D500は手放せません!

連射機能やAF153点システム、ISO、DXならでは焦点距離などなど 野鳥撮影に非常に向いている名機です。

シグマ600mmのズームレンズ(テレコンキット)は非常にシャープな写真撮影ができます。
Nikonの純正ももちろん良いですが、コスパから考えてこちらのレンズは最強です。
価値観は各々ですが私たちには丁度良いです。軽量で機動性も保てる点も嬉しいです。
単焦点レンズは待ち伏せがメインの探鳥には向いていますが、長距離を歩くのは辛いですね。
超おすすめレンズです!

私たちが使用しているNikon COOLPIX P900(光学83倍超望遠ズームレンズ)の後継機P950です。

コンデジですが私たちの動画ではかかせません。 2000mmの超望遠の世界は野鳥観察に最適です!

3000mmの超超望遠の世界もおすすめです。
最近P1000をもっているバーダーもよくみかけます(^^)/

【インスタやってます】野鳥少年ハルがインスタやってます!

@haru_bird2022

野鳥に興味のある方は是非見てやってください

。応援よろしくお願いいたします(^^)/