園長ブログ

園長ブログ

みなさんこんにちはズータイムの藤井です。この園長ブログは日々の動物のネタやお仕事の振り返り、動物の生態豆知識なんかも書こうと思っています。是非動物が好きな方やもしどうでない方も動物が好きになってもらえるようなブログにしたいと思っています。どうぞよろしくお願い致します(*^_^*)

では初めの投稿はモルモットです。ズータイムで繁殖したモルモットの赤ちゃんです。グレーの毛色は珍しいでしょ。シェルティという長毛種のモルモットになります。気品があって私のお気に入りの品種です。

モルモットCavia porcellusの祖先は南米に生息するテンジクネズミ、古代インディオのもとで野生種が家畜化された種です。群れで行動するネズミなので社会性があって、仲間同士で鳴き交わす鳴き声もたくさんの種類がありとても頭ご良い動物です。もうすぐみなさまの前に登場予定です。

普通ネズミの仲間は多産で、皆さんご存じのハムスターなどは多い時で15頭ぐらいの未熟児の赤ちゃんを1度で出産します。しかし、モルモットはお腹の中で大きく育ってから(妊娠期間は66日から72日)出産しますので、2~4頭ぐらいを出産します。いわゆる少数だけど丈夫で大きな赤ちゃんなんです。その証拠に毛が生えそろい、目もぱっちりあいていますね。あれ?あなたたちいつから生まれていたの!?って思うくらい生まれたでも数週間前からいたような顔つきなんです(*^_^*)ちなみに上の画像は生まれた当日のものです。

だから妊婦の母親はとても大きなお腹になるわけです。

いろいろな角度から妊婦のお母さんを撮影してみました。

上から妊婦の個体を撮影してみました。左が妊婦だということが一目瞭然ですね。母親は約2ヵ月間大変ですがファイトです。

お腹側からも撮影しました。もうパンパンです。

横から見ても一目瞭然ですね。

この時は4頭の可愛い赤ちゃんが誕生しました(^-^)

4頭仲良く菜っ葉を採食している様子

ちなみに上のピンク色の赤ちゃんたちがハムスターの赤ちゃんです。ネズミの仲間でもいろいろな生き残り戦略があるのが面白いですね。

モルモットとハムスターの赤ちゃん、動画で比較してみください。またズータイムチャンネルも登録よろしくお願いたします。

では最後までご覧いただきありがとうございました。

園長

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL