【NEW Mazuri 5M21】リクガメ用ペレット解説 【新旧比較ここが違う】【給餌量】【栄養成分】【賞味期限の見極め方】

まずはパッケージデザインが無地からインドホシガメになったことに驚きました。

なぜなら、元々はゴファーやケヅメ、ゾウガメ向けに開発されたMazuri 5M21だったので、

表紙がインドホシガメ、裏面はなんとアカアシガメなんです。

乾燥系でしかも大型リクガメ向けだと今までは翻訳されてきたのですが、

すっかり湿潤系リクガメ向けのデザインです。しかし、リクガメ全般的に嗜好性が高い5M21ということを

マズリも示したいのかもしれません。

私の経験では、パンケーキガメの5M21をどこ個体も食べませんでした。

5M21のすばらしいところは、ケヅメリクガメの幼体で研究を行ったのですが、

このペレットを給餌した個体は結石ができずに100%の生存率をたたきだしました。

逆に小松菜で育てると、高確率で結石ができることが示されました。

【フトアゴ飼育方法】1年間の成長記録、適正な餌、飼育環境などを専門家が解説【長生きさせるコツ】

次はフトアゴ飼育環境について、説明していきます。爬虫類飼育をジャンルで分けるならば、フトアゴは『乾燥系トカゲ』になります。

必要な器具は基本的にリクガメと似ていて、ケージ、UVライト、バスキングライト、パネルヒーター、保温器具(保温球または赤外線ヒーター)、サーモ、床材、温湿度計などです。

具体的なおすすめの器具や餌についても説明していきます。

適正な飼育温度:28-35℃(夜間:22-27℃)

適正な湿度:60-70%

温度はクールとホットスポットを作ってあげることが大切です。

【鷹の初期トレーニング方法③】人から人へのフライト(振替)【ハリスホーク】

前回に続いて、全く馴れていないハリスホーク(鷹)を、0からフリーフライトができるようになるまでを公開していきます。

今回は人から人へと飛んでもらうトレーニング(パート③)を行いました。

番組は本当にご覧になりたい方だけにお届けしたいので、メンバー限定になっております🙇

初めて飼育される方の参考になれば幸いです。

※ズータイム独自のリハビリトレーニングを基にしたトレーニング方法です。
流派などにこだわる方は別で学ばれることをおすすめします。

【鷹の初期トレーニング方法②】忍縄を使用してジャンプアップ・フライト【ハリスホーク】

前回に続いて、全く馴れていないハリスホーク(鷹)を、フリーフライトができるようになるまでをズータイムチャンネルで公開していきます。

詳細を知りたい方はメンバー限定(ズータイムチャンネル)で番組でご紹介しております。

はじめて鷹の飼育をされる方の参考になれば幸いです。

今回は忍縄というリードを使用して、短い距離をフライトするという番組をご紹介していきます。

50年以上前のビンテージ扇風機がおしゃれに復活【昭和レトロ】

今回は気まぐれDIY動画。長年愛用してきた1968年製の東芝 CRYSTAL ZEPHYERをマットスプレー塗装(水性)して可愛く復活させます。昔のものは造りもしっかりしていてよきです。

「ズータイムのとっておきの授業」にご参加いただきありがとうございました

計6回に分けて、動物に関連する本を司書の方にご紹介いただき、学べる動物園を体験していただきました。

石川県立図書館×ZOO TIMEだからできるすばらしい企画が実現したことに感謝です。

この日は、百万石行列も開催されているにもかかわらず、すべての回で満員御礼となりました。

★【ホタル観察】ホタルの一生、種類、雌雄判別方法など

みなさんこんにちは、 ズータイム園長の藤井です。 もう間もなく蛍の季節到来です。 この動画で予習して蛍観察に行くとより楽しむことができます( […]

【鷹の初期トレーニング方法①】0からフリーフライトができるまで 【ハリスホークの調教】

時間をかけて信頼関係を築き、まずはボウパーチなどに係留してある状態から、自ら鷹の意思で、

グローブに乗ってくるところまで持っていく必要があります。

今回の初期トレーニング①では、自らグローブに乗れるようになり、止まり台から、

グローブにジャンプアップするところまでをお伝えしています。

6月16日(日)講演会『爬虫類の世界へようこそ』 講師:藤井 匠也(ZOO TIME園長)

この度、爬虫類講話『ワクワク発見! 爬虫類の世界へようこそ』の開催が決定致しましたので、お知らせいたします。

爬虫類の魅力や生態、飼育方法について学び、実際に爬虫類も何種か登場します(種類はお楽しみ)です。

毎回進化する講演会です。ぜひこの機会にご参加ください!

・日付: 2024年6月16日(日)
・時間: ①11:00~ ②13:30~

・場所: 吉岡園地 公園センター内
・参加費:中学生以上 1000円 、小学生800円、未就学児:無料

【58 干潟三昧の探鳥旅】とんでもない出会いが待っていた!【五主海岸→藤前干潟→汐川干潟】

今回は車中泊で2日間じっくり干潟の野鳥たちを観察すると、素敵な出会いの連続でした。
伊勢湾をぐるりと移動し、五主海岸(三重県)→藤前干潟(愛知県)→汐川干潟(愛知県)の3つの干潟すべてでたくさんの野鳥たちと出会いがありました。
絶対最後までご覧いただきたい番組です。
最後にとんでもない出会いが待っていました!