カイロトゲマウスの赤ちゃん誕生!

『カイロトゲマウスの赤ちゃん誕生』

カイロトゲマウスはサハラ砂漠、エチオピア、ケニア、イスラエル、パキスタンなどの乾燥地帯に生息するネズミの仲間です。
名前の通り背中には毛がトゲのように硬い毛が生えています。この毛はたわしぐらいの硬さでハリネズミのように痛くはありません。

触った感じは『亀の子タワシ』のようです(笑)
このトゲのような毛は攻撃や防御のためではなく、体温調節などに役立っているのではないかと言われています。

赤ちゃんの成長が楽しみですね♪

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL