『学べる動物講話』とセマルハコガメの紹介

『学べる動物講話』

みなさんこんにちは園長の藤井です。

さあ今回は未就学児向けの講話を実施させていただきました。

可愛い園児でいっぱい!元気いっぱい!取材も入り大変楽しい時間となりました。

ご依頼いただいたのは保護者会のみなさまからでした。

いろいろ相談させていただいたところ、動物が登場しながらの講話にしましょうということになり、未就学児でも飽きず聞いてもらえるように精一杯の工夫をさせていただきました。

1時間以上ありましたが、みんな最後まで集中してくれましたね!

セマルハコガメCuora flavomarginata

講話ではたくさんの動物たちが登場しましたが、ブログではセマルハコガメをご紹介しましょう。

分布は主に中国、台湾に生息しているチュウゴクセマルハコガメと日本の石垣島に生息するヤエヤマセマルハコガメがいます。

カメが好きなかたからすればセマルハコガメはメジャーなカメかもしれませんが、一般的な方はまず『ハコガメ』って何?ってなりますよね。どんな場所で暮らしているかというと、水棲でもなく、リクガメほど陸だけにいるわけでもないカメです。川や沼、森などの湿度の高い水回りの湿地帯で暮らしています。クサガメやイシガメのような水棲ガメのように潜水することはほとんどありません。

最大の特徴は甲羅にあります。

甲羅(腹甲)が箱のふたのように閉じる面白い特徴のあるハコガメ。みんな初めて見たかな(*^_^*)扉の蝶番が付いているように完全に閉じることができんです。

これが箱のようだからハコガメなんです。

その他、ハリネズミやモルモット、オオクワガタ、モリアオガエル、アカハライモリ、コーンスネーク、エボシカメレオン、ハリスホークなどなど

たくさんの生体を観察しながら、特徴的な生態を説明していきました。

ハリネズミの赤ちゃんの成長記録もご覧いただきました。

園児にも協力していただき、ヘビの木のぼりを再現しました。

エボシカメレオンが舌を伸ばして、餌を捕食するシーンも実際ご覧いただきました。

※衛生面やアレルギーなどの関係で、近年教育機関からどんどんが生物の存在が遠くなっています。先生方もふれあい動物園ではないことを説明させていただいた上で今回動物講話を行いました。

なので、当園では動物愛護と衛生面を考慮して、動物に一切触れることはなしにし、画像や動画、クイズ形式、

タカのフライト実演などなどを実施しながら、動物に興味を持っていただくこともやっています。

もちろん動物とのふれあいは悪いことではありません。ただいろんな面で気にされる方もいらっしゃるのが現実です。

ズータイムは年齢に合わせた楽しく学べる動物講話を行っています。もちろん大人向けの講話もあります!
動物の生態をお伝えする日本初の教育に特化した動物園だとご理解していただけると幸いです。

今回も最後までブログを読んでいただき感謝申し上げます。

それではまたお会いしましょう~☆

園長

 ヨツユビハリネズミ(シナモン)

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL