骨から学ぶ!ヘビが丸呑みできるしくみ

骨から学ぶ!ヘビが丸呑みできるしくみ


みなさんこんにちは園長の藤井です。

今世の中が大変な状況です。在宅されている方多いと思いますので、

当園もこのブログとYou Tubeに動画を積極的にアップしております。

興味のある方はご覧いただければ嬉しいです。

さあ、今回の記事は

ヘビが自分の頭より大きな獲物も丸呑みできる仕組みを骨から説明したいと思います。

ヘビのすばらしい生態をお伝えできると思います。

頑張ってイラストでデザインしてみました。下図をご覧ください。

ヘビが獲物を丸呑みできる理由①

・上顎と下顎を繋ぐ方形骨(ピンク色の骨)の可動域が広いため大きく開口することができます。

・下顎は実は左右独立した骨で形成されており、靭帯で繋がっています。靭帯は伸縮性が

 ありますので、左右に広げることができます。これらにより自分の頭より大きな獲物も

 大きく上下左右に開口させて丸呑みすることが可能になっています。

 下顎が分かれる!!ってすごいですよね。

【次ページ】ヘビが丸呑みできる理由②

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL