【DIY】爬虫類用手作り孵卵器 夏休みの工作&自由研究にもおすすめ

みなさん、こんにちは

ズータイム園長です!

 

さて、今回は爬虫類用の孵卵器(卵を孵化させるための装置)を手作りしてみようという記事です。

ではなぜ爬虫類なのか?、卵といえば鳥類のイメージが強いかもしれませんね。

 

 

しかし、鳥類の卵は『転卵』と言って、卵を転がしてあげないと孵化には至りません。

よって、手動転卵だけで約1か月もの間、孵化に挑むのは非常に時間と労力が必要です。

なんせ数時間に1回は卵を転がしてあげないといけません。

ですから鳥類用のふ卵器はほとんどのものが自動転卵装置が付いています。

野生の鳥類を観察してみても1日最低数十回は転卵しています(ニワトリは最低4回必要)。

ということで、転卵装置がいらない温度と湿度を管理できれば爬虫類孵卵器が作成できるといいうわけです。

 

ではついでに転卵が必要な理由から説明します↓

【なぜ鳥類の卵は転卵が必要なのか】

それはの中にある卵黄(黄身)がの殻の内側にくっ付いてしまう(癒着してします)からです。

コールダックの有精卵の様子。血管と胚が確認できます。

 

しかし、カメやワニやトカゲ、ヘビなどの爬虫類は転卵は必要ありません。

逆に動かしてはいけません。

なので、普通は卵を孵卵器に設置する前に卵の上に目印のサインを書き込みます。

ヒョウモンガメが孵化した記録。

卵には数字を記入して個体管理と卵の上方向が判るようにしてあります。

 

【なぜ爬虫類の卵は転卵が必要ないのか】

胚膜に包まれた胚が卵の殻の内側の卵殻膜に張り付いて、

固定された状態で胚が成長するからなんです。

 

【手作り爬虫類孵卵器】

では毎度前置きが長くなってしまいましたが、

手作り爬虫類孵卵器についてのご紹介です。

 

じゃーん♬

だれでも簡単に作れる水槽を利用した孵卵器です。

【孵卵器の仕組み】

水槽は45cm水槽を利用しています。

水槽の上は合板(1.5mm厚)にソケットをビスで取り付けて、

保温電球を取り付けました。

これにサーモスタット(35℃まで制御できるもの)で温度管理し、タッパの水盤を設置することによって

湿度をコントロールします。湿度を増やしたい場合は濡れタオルなどで、

表面積を増やしてあげれば湿度が上がります。

 

夏休みの工作&自由研究に作成しても面白いです。

身近な爬虫類、例えばカナヘビやニホントカゲなどを孵化させて

学んでみるのも良いかもしれませんね。

 

 

詳細は動画でご確認ください!

今回は緊急用や補助的に使用しているお手軽手作り孵卵器のご紹介です。

現在鳥用のふ卵器にコスタリカアカスジヤマガメの卵が入っているので、

その卵をこちらに移動させ、鳥用にはコールダックの有精卵をセッティングします。

爬虫類で確認されている

温度依存性決定(Temperature-dependent sex determination:TSD)

についても説明します。

飼育や生態についてかなり有益な情報を盛り込んでいますので、

動物好きな方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

 

 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

またお会いしましょう~☆

 

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL