ZOO TIME木製看板が完成!

『レーザー加工技術』

みなさんこんにちは園長の藤井です。

いかがお過ごしでしょうか。

本日は講演後に、楽しみにしていた当園の木製看板を取りに行ってきました。

今までは看板はデザインしたポスターを額に入れたものを使用してたのですが、うーん、何かが足りない。物足りない。

そうだ、木の温かみと知的なデザインが欲しいなぁと考えていました。

たまたま知り合いの建設会社の内覧会に行った時に、部屋のいたるところにレーザーでデザインされた木製の飾り物がありました。これだ!!!

ズータイムの看板もこのレーザー加工技術を用いて、作ってもらいたいと思いました。しかもたまたまこの加工を手掛けている方が現場におられました。

私はすぐに名刺を渡し、看板を作ってください!と懇願しました。

すると快くやりましょう!と即答していただきました。この日はとても寒い日でしたが、半袖で元気もりもりの方でした。

担当の方は東森木材株式会社の西島さんです!

こちらのイメージざっくりお伝えし、デザインはIllustrator Aiデータがあればそれを表現できるようです。なんてすばらしい技術なんでしょう。

動物の種ラベルも将来的にはすべて木製にしたいな。木はやっぱり優しさと温かさがあるんだよなぁ~(*^_^*)動物園を開催した時も入ってこられるお客様に気持の良いイメージで入園していただきたいですからね。私たちの仕事は動物を展示したり、ガイドをすることも大切ですが、その空間をセンスあふれる空間にすることも立派なお仕事です。看板だけではありませんが、スタッフの制服、動物のケージ、柵、すべてのデザインにこだわっています。今度ズータイム②来られる機会がある方はデザインという点に注目してみてください。

これでバッチリなのだ!!

ありがとうございました

作製者、東森木材株式会社の西島さん、

バックのハーレーの看板もかっこいい☆、表札なども良いですよね~。

Illustrator Aiデータを読み込み、レーザー加工できるとは無限大の可能性を感じます。また、立看板にするための加工から、丁寧な面取りまでしていただきました。お値段もとってもリーズナブルにしていただきました。

http://toushinm.com/

可愛いでしょ(^-^)ハリネズミのロゴは私がデザインしたものです。

レーザーで焦がして色をつけているんですね。ZOO TIME!

風にも倒れにくいようにしっかりした足を付けていただきました。

今回は動物の記事ではありませんでしたが、

最後までご覧いただきありがとうございました。

ではまたお会いしましょう~☆

園長

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL